ノルレボ

レボノルゲストレル「F」アイピルなどのジェネリック薬も有効成分は同じですので、副作用についてノルレボと大きな違いはないと思われます。

日本で行われたノルレボの調査では、
吐き気 (2.3%)
下腹部痛 (0.7%)
頭痛 (1.4%)
眠気 (1.0%)
不正出血 (1.2%)
などの副作用が報告されました。

エラ

副作用の中で多かったものとしては、
頭痛 (18%)
腹痛 (12%)
吐き気 (12%)
月経困難症 (9%)
だるさ (6%)
ふわふわとした感じのめまい (5%)
がありました。

アフターピルは「吐き気などの副作用が強い」というイメージがあるかもしれませんが、実はノルレボやエラなどの新しい薬は副作用が少なく、重症になることはほとんどありません。このように安全性が高い点も、アフターピルの特長の一つです。

ノルレボやエラが発売される前は「ヤッペ法」が緊急避妊の主流でした。このヤッペ法はノルレボやエラと比べて吐き気などの副作用が強いため、「アフターピルは副作用が辛い」というイメージが残っていると思われます。
※副作用には個人差がありますので、ノルレボやエラでも強めの副作用が出てしまう場合もあります(ただしヤッペ法と比べるとそのようなケースはかなり少ないです)。

他の薬との飲みあわせについて

一般的に、アフターピルと他の薬との飲みあわせが問題になることは少ないです。ただし中には注意が必要な薬もありますので、薬を飲んでいる方は薬の名前が分かるようにして受診しましょう